2016年05月07日

【経済】ウルトラマン、仮面ライダー、おそ松くん、なめ猫…70~80年代の人気キャラが続々と復活するのはなぜなのか?

:2016/05/07(土) 16:03:55.09 ID:
今でも絶大な人気を誇るウルトラセブン((c)円谷プロ)

テレビ放映50周年を迎えたウルトラマン((c)円谷プロ

ウルトラセブンでモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣さん((c)円谷プロ)

数々のなめ猫グッズ。新ブームでは、IT関連が目立つ

新松戸駅(千葉県)のキングジョー。中心部から離れた駅では人気キャラクターが目立った


五反田駅でもがき苦しんでいたダダ



 ウルトラマンやウルトラセブン、仮面ライダー、おそ松くん。今年に入って、昭和に一世を風靡(ふうび)した国民的な特撮ヒーローやキャラクターが、改めて脚光を浴びている。一連の復古ブームの輪に「なめんなよ」とにらみを利かせながら加わろうとしているのが、1980年代初頭に一大ブームを巻き起こした「なめ猫」。これら共通のキーワードは「アニバーサリー」だ。

                  ◇

 生誕35周年を迎えたなめ猫は、折からの猫ブームを追い風にして再び人気が高まっており、モバイルゲームなどを通じた“再デビュー”も果たしつつある。生みの親で雑貨の企画販売を行うグループS(東京都渋谷区)の津田覚(さとる)社長は「関連商品をつくらせてほしいという依頼が、さばききれないほどきている」とうれしい悲鳴を上げる。

 なめ猫は当時の荒れた学校の世相を反映させて、学生服や革ジャンを着せた猫をモチーフにしたが、愛らしい姿とのミスマッチがユーモラスで、主に若い女性や小中学生の支持を集めた。80年代はステッカーやノート、缶バッジなどが販売されていた。わずか3年間で520種類のグッズを販売、売上総額は750億円にも達した。

http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070011-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070011-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070011-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070011-n4.html
http://www.sankei.com/premium/news/160507/prm1605070011-n5.html
おそ松さん 第一松 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-01-29)
売り上げランキング: 753



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ページトップ