学問・理系

2013年02月20日

資源】ロシアの隕石クレーターに「数兆カラットのダイヤモンド」

2012年11月01日

【医学】ピロリ菌が胃の細胞を「初期化」~胃がん発症に関与か…東京大学

胃の病気とピロリ菌―胃がんを防ぐために (中公新書)
胃の病気とピロリ菌―胃がんを防ぐために (中公新書)

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2012/10/30(火) 14:47:39.16 ID:??? ?2BP(1056)
 胃がんの兆候の一つに、胃に腸の細胞が現れる現象(腸上皮化生)があるが、
東京大の研究チームは29日までに、この現象の背景に人工多能性幹細胞(iPS細胞)でみられるような
「初期化」が自然に起きていることを突き止めた。論文は近く、米科学アカデミー紀要に掲載される。

 東京大大学院医学系研究科の畠山昌則教授(分子腫瘍学)らは、
胃がんや胃潰瘍の原因とされるピロリ菌が胃の細胞内に注入する物質が、
本来は腸の細胞で現れるCDX1というたんぱく質を生み出していることに着目。
培養したヒトの胃の細胞を使い、細胞内でのCDX1の働きを遺伝子レベルで調べた。

 その結果、CDX1は胃の細胞内で、一度分化した細胞を初期化し、
どんな細胞にもなれる能力を持たせる遺伝子群を活性化していることが判明。
これらの遺伝子の一種はiPS細胞などの「万能細胞」作製にも使われており、
同様の初期化が胃の細胞で起きていることが分かった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2012103000049
アカデミー紀要電子版
「CDX1 confers intestinal phenotype on
gastric epithelial cells via induction of
stemness-associated reprogramming
factors SALL4 and KLF5」
http://www.pnas.org/content/early/2012/10/25/1208651109.abstract

続きを読む

【航空】中国が航空機エンジン開発に大規模投資計画、技術流用困難で

メッサーシュミットBf109E-4 ドイツ空軍不屈のエース [DVD]
メッサーシュミットBf109E-4 ドイツ空軍不屈のエース [DVD]

1 :のーみそとろとろφ ★:2012/11/01(木) 08:43:53.75 ID:???
[香港 30日 ロイター] 中国は核ミサイルを設計し、有人宇宙飛行を実現させたが、
1つの重要な技術にはまだ手が届いていない。
何十年という研究開発期間にもかかわらず、まだ信頼に足る高性能のジェットエンジンの製造に成功していないのだ。

もしかしたら、この状況が変わるかもしれない。中国政府は、一体性に欠け、
資金不足に陥っているエンジン開発事業を活性化させるべく、
1000億元(160億ドル)規模の投資を検討している。

関係筋によると、国営企業で軍用機や民間機の製造分野で支配的な地位を築いている中国航空工業集団(AVIC)が、
政府の資金支援を熱心に働き掛けてきた。
既に自前でも約100億元を向こう3年でジェットエンジン開発に投じるために用立てている。
AVICは、40万人を超える従業員と上場20社を含めた200の子会社を抱える巨大企業だ。

AVIC傘下の主要軍用機エンジンメーカーの西安航空動力(600893.SS: 株価, 企業情報, レポート)幹部の
Zhao Yuxing氏は電話取材に対して、政府の上層部でエンジン開発の資金提供問題が議論されていると表明。
「われわれが承知しているのは、
当社がエンジン製造事業の支援と大いなる発展を目指すこの戦略的プログラムに組み込まれているということだ」と語った。

中国の軍需産業は総じて、天安門事件を受けた欧米による武器輸出禁止措置に苦しめられてきた。
さらに外国エンジンメーカーは中国への技術移転を極度に嫌っており、
技術の差を埋めるいつもの手であるコピーも阻まれている。

こうした中で一部の中国航空業界の専門家は、
政府は最終的に今後20年でジェットエンジン開発に3000億元(490億ドル)を支出するだろうと予想する。

上海の東方証券の防衛セクターアナリスト、Wang Tianyi氏は
「中国の航空エンジン部門は明らかに投資が足りない。
1000億元というのはエンジン業界ではそれほど大きな金額ではない」と指摘した。

<企業秘密流出を強く警戒>

独立系の軍事航空シンクタンク、エアパワー・オーストラリアの創設者であるカーロ・コップ氏は
「歴史的に航空業界の主要企業はすべて、機体とエンジンの双方の設計能力を備えている。
競争力のあるエンジンの設計と生産ができるようになるまでは、
中国の航空機設計の能力と実績は、彼らが輸入を認められた技術によって重大な制約を受けるだろう」とみている。

中国の設計技術者にとって、手っ取り早いのは合弁相手の外国企業から知的財産を抜き出したり、
単純に外国の技術をコピーすることだったが、これまでのところ成果はほとんど上がっていない。
米ゼネラル・エレクトリック(GE.N: 株価, 企業情報, レポート)や
フランスの防衛大手サフラン・グループ(SAF.PA: 株価, 企業情報, レポート)傘下のスネクマ、
ロールスロイス(RR.L: 株価, 企業情報, レポート)、
米ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX.N: 株価, 企業情報, レポート)傘下のプラット・アンド・ホイットニーといった
外国エンジンメーカーは、企業秘密の流出を防止すべく目を光らせている。
このため中国側がノウハウを移転させたり、知的財産を盗用する機会は限られる。

続きます>>2-3
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89U04Q20121031

続きを読む

【日韓】韓国が日本の原発技術者のスカウトに猛進…そして、韓国で相次ぐ原因不明の原発事故

福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書
福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書

1 :ニライカナイφφ ★:2012/11/01(木) 08:25:23.60 ID:???
◆韓国に「日本の原発産業を奪え」と嗾ける

◇民主党売国政権の卑劣な陰謀
 原発大国を狙う韓国が原発政策で揺れる日本の原発技術者スカウトに猛進する

■原発技術者が続々辞表を出す

「原発の現場が危ない」 東京電力の幹部は打ち明ける。
大手マスコミが煽る「原発反対」の騒ぎのためではない。
韓国が野田政権による「原発ゼロ」政策によって生じた原発関係の人材強奪を始めたのだ。
いま原発を管理する職場から、韓国が重要な技術者を次々と引き抜いているのだ。
日本の原発産業を奪い取れ――。
韓国による日本の原発技術者への猛烈なスカウト合戦が、現場を脅かしている。
菅直人前首相が暗躍して閣議決定寸前にまで持ち込んだ「原発ゼロ」政策を狼煙に、
アジア系の人材派遣会社が一斉に高給で原発技術者狩りを始めたのだ。 
狙われているのは、東京電力や関西電力などが抱える膨大な技術陣だけではない。
東芝や日立製作所など韓国が原発輸出をするために必要なプラント技術者にまで
「高給による引き抜き話」が相次いで舞い込む。
「3年間の海外勤務を条件に、年収5千万円以上という内容だった」
「ソウルではメイド付き家具付き住宅の2年間契約で、巨額契約金の話が飛び交っている」 
薄給に悩む日本の原発技術者たちは「夢のような話」に浮足立った。
そうした雰囲気の真っ只中で野田政権が「原発ゼロ」を目指す「革新的エネルギー環境戦略」の
新方針を表明したことが、原発産業の前途を憂える技術者の足元を襲った。
ある電力関係企業幹部は語る。「中国より韓国の動きが猛烈だ。
日本で原発産業の将来を悲観して突如、辞表を出す動きが後を絶たない」
技術系の人材仲介をする「一般社団法人日本技術者連盟」には大手メーカーの技術者など
300人以上が登録し、海外雄飛を狙っているという。
しかし、日本企業が危険視するのはこうした機関を通さず、韓国政府関係者や
人材紹介会社を通じて極秘に「一本釣りで打診し強奪していく」(東電関係者)ケースだ。
企業側が安心して業務を任せていた核となる職場の技術者が突然、会社を去り韓国に赴く、
これこそ恐怖である。 
経団連の米倉弘昌会長は野田首相に「原発ゼロは受け入れられない」と反対を表明した。
しかしそれは日本の原発産業が危うくなるという話だけではなく、現実に現場の原発システムを
稼働させている技術者まで「韓国に奪い取られ、稼働そのものに影響しかねない」という目の前の
「原発崩壊」の恐怖なのだ。公安機関の関係者は警告する。
「人材スカウトの激しさは、現在の原発で稼働不全まで引き起こす大問題だ。
原発ゼロを掲げ現在の原発にまでシステム事故を惹起させる。
それが福島原発惨事の張本人である菅直人ら朝鮮系勢力の陰謀なのだ」

■韓国で相次ぐ原因不明の事故

実際、韓国は自前の原発技術者を十分養成することなく、日本並みの「原発大国」を目指し
遮二無二原発を造り続けた。
すでに23基を数えるが、開発の専門家だけでなく管理部門の専門家も「不足が目立つ」
(日本の専門家)のが現状で、造りすぎた原発にメルトダウン一歩手前の全電源喪失という事故や
トラブルが相次いでいる。
公表されただけでも、今年に入り原発の故障が7件も発生。
9月には韓国が誇る釜山市の新古里原発一号機で制御棒の制御系統の故障が発生するなど
立て続けに2件の重大なトラブルに見舞われた。
制御システムで老朽化した外国製部品を韓国製に切り替えたため発生したとの指摘もあり、
冬場の電力供給すら危ぶまれているほどなのだ。
電力会社元幹部が明かす。「韓国は増えすぎる原発に技術者の数が追いつかない。
現在の原発を正常に稼働させるために日本の原発技術者が必要なのが実態だ。
韓国は自分で造りすぎた原発が手に負えなくなっており、部品の精度向上など
原発産業底上げも含め、正常な稼働に向け日本の協力を求めている」

月刊テーミスWEBサイト 2012年11月号
http://www.e-themis.net/feature/read1.php

※>>2以降へ続きます。

続きを読む

2012年10月21日

【速報】 核融合パルスエンジンを開発! 時速26万km、東京~大阪間も僅か5秒! 宇宙旅行も現実に

Revell  1/4  【85-8883】  Visible V-8 エンジン
Revell  1/4  【85-8883】  Visible V-8 エンジン

1 : オセロット(愛知県):2012/10/20(土) 21:54:00.00 ID:wisds59P0 ?PLT(12051) ポイント特典

ついに核融合インパルスエンジンが現実に―米アラバマ州ハンツビル校

米アラバマ州ハンツビル校(UAH)航空宇宙エンジニアはSF映画スター・トレックの
ダイリチウム(記号 Dt 原子量87 共有結合した2つのリチウム原子)に非常に類似した
核融合インパルスロケットエンジンを開発し始めている。

(製作に携わる)大学院生ロスコルテスは次のようにコメントしている。
”我々が注目している核融合燃料は重水素とLi6 (リチウム同位体)の結晶構造であり、ダイリチウム結晶だ。それをインパルス駆動で核融合する。”

今作られているこの核融合インパルスエンジンは本物の宇宙航行推進テクノロジーです。エンジン開発チームでは2030年までの間に完成し、
(人類は)わずか3ヶ月で地球から火星へ旅行することができるようになるとしました。チームでは
核融合技術の応用として、Zピンチ核融合と呼ばれる技術を用いるとしています。

核融合インパルスエンジン


ソース Fellow Geek (英文) - Scientists Working on Star Trek's Dilithium Crystals for Propulsion (Friday, October 19, 2012)
http://www.fellowgeek.com/a-Scientists-Working-on-Star-Treks-Dilithium-Crystals-for-Space-Propulsion-ix2281.html

<火星距離参考>
5億6,000万km以上
http://www.computerworld.jp/topics/634/204469

地球~火星を3ヶ月で航行
秒速 72km
時速 26万km

続きを読む

2012年10月14日

【iPS移植】森口氏「うそと言えばうそ」 NYで記者会見★4

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

1 :そーきそばΦ ★:2012/10/14(日) 02:17:23.45 ID:???0
【ニューヨーク時事】人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、米国で移植治療を行ったと主張した日本人研究者の森口尚史氏は13日午前(日本時間同日深夜)、
ニューヨークで記者会見し、手術を今年2月以降、6例行ったとするこれまでの説明を訂正し、昨年6月に1例だけ実施したと述べた。
従来の説明と食い違う点を突かれると、「うそと言えばうそ」と答えた。1例目についての説明も不明瞭で、主張全体が虚偽である可能性が極めて高くなった。

 森口氏は2例目以降の手術が実際には行われなかったことについて、「(事実と異なる説明をしたことに)悪意はなかった」と釈明。
その上で、「私も医療者の端くれ。こうなったことはひとえに私の責任で、申し訳なかった」と謝罪した。
 一方、森口氏は1例目については、昨年6月3日に当時34歳の男性に対して行ったと主張。しかし、手術の実施場所や
治療チームの構成などについて不自然な説明を繰り返した上、「手術が行われたと証明してくれる人がいない」と述べ、
裏付けが困難なことを自ら認めた。

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121014-00000001-jij-soci
過去スレ ★1 2012/10/13(土) 23:38:47.57
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350145408/


続きを読む

【iPS移植】 森口氏「研究者としてはもうやっていくのは無理だと思う」★2

iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?
iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?

1 :ベガスρ ★:2012/10/14(日) 06:07:51.08 ID:???0
森口尚史氏の記者会見の一問一答は次の通り。

―iPS細胞を使った治療を実施したのか。

「治療をやった。iPS細胞を使った治療をしました。iPS細胞の大量培養に成功し、
手術を行った。一人ではできないことなので、多くの関係者に助けてもらわなければならなかった」

―学会に姿を見せなかった。

「学会にも行くつもりだった。報道対応に時間をとられて行けなかった」

―2月14日に手術に立ち会ったというのはうそだったのか。

「訂正させてください。昨年6月前半です。(細かい日付は)あとで確認しないと分からない。6人程度が立ち会った」

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1300S_T11C12A0000000/?nbm=DGXNASDG1304F_T11C12A0000000

★1 2012/10/14(日) 02:50:46.56
前スレ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350150646/


続きます…

続きを読む

2012年10月13日

【サイエンス】1000年後の人類はコンピューターの進化で脳が縮小し手足が伸び目は巨大化する―英紙サン

未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~【通常版】 [DVD]
未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~【通常版】 [DVD]

1 :依頼@ベガスρ ★:2012/10/12(金) 23:44:41.61 ID:???0
”1000年後の人類はどんな姿?コンピューターの進化で脳が縮小、手足が伸び目は巨大化―英紙”

2012年10月11日、英国の科学者たちが予想した「1000年後の人類」は、
栄養と医療の改善により平均身長が180cmを超え、コンピューターの進化により脳が縮小すると
英紙サンが報じた。信息時報が伝えた。
それによると、栄養と医学の改善により、1000年後の人類は平均身長が182~213cmになっている。

世界中どこへ行くにも便利になるため、異人種間の結婚が増え、皮膚の色は浅黒くなる。
手足はテナガザルのようにぐんと伸びるため、遠くの物が取りやすくなる。
iPhoneなどタッチパネル式の電子機器を多用することにより、手と目の機能が発達。
指先の感覚もさらに敏感に。

エアコンの普及により、気候の影響を受けなくなるため、世界中で人々の鼻の高さや形が同じようになる。
軟らかい食べ物ばかり食べるようになるため、歯が少なくなり、口が小さくなる。
携帯メールでの会話が増えるため、口数が減り、目は常に携帯画面を見つめているため、
SF映画に出てくる宇宙人のように巨大化する。

SF映画や小説で描かれる未来の人類は頭が巨大化しているが、コンピューターの進化により、
記憶や思考といった作業の大半をコンピューターに頼るようになるため、
大脳が縮小、頭も小さくなる。脂肪や糖分を吸収しにくくするため、腸も短くなる。
未来の人類が肥満で悩むことはなくなるだろう。
(翻訳・編集/NN)

レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/gallery.php?gid=65440


続きを読む

【iPS移植】森口氏「パスポートも手術の免許も見せられない」★4

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

1 :依頼@わいせつ部隊所属φ ★:2012/10/13(土) 02:15:45.79 ID:???0
「iPS細胞を患者に移植することに世界で初めて成功した」と、日本人研究者が主張していることについて、
手術を行ったとするアメリカの病院が「研究者とは関係ない」と発表しました。山中教授も「私たちの考えからはあり得ないんじゃないか」と述べています。

(Q.手術するにあたって必要な免許、資格、IDは何をお持ちですか?)
 「・・・・・」(森口尚史氏)

(Q.無免許というか何の資格もなく手術を?)
 「いやいやそんなことはないです」(森口尚史氏)

 「iPS細胞を患者に移植する世界初の臨床応用を行った」
 一部メディアで報じられた東京大学医学部の特任研究員、森口尚史氏の研究発表が物議を醸しています。

(Q.どういう肩書、立場で移植に臨んだのか?)
 「ハーバード大学で客員講師ということで・・・」(森口尚史氏)

 森口氏は、ハーバード大学の客員講師として、大学の倫理委員会から暫定許可をとり、系列のマサチューセッツ総合病院で移植治療を実施。
今年2月にアメリカ人男性への手術を行い、その後5人、合わせて6人の患者に移植手術を行ったとしています。

 しかし、森口氏の発表に対し、ハーバード大学と手術を行ったとされるマサチューセッツ総合病院は・・・

 「ヒサシ・モリグチは1999年から2000年にかけて、マサチューセッツ総合病院の客員研究員でしたが、それ以降は関わりを持っておりません。
モリグチ氏の臨床試験はハーバード大学や病院が承認したものではありません」(ハーバード大学とマサチューセッツ総合病院の共同声明)

ソース TBS(12日17:59) リンク先に動画
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20121012-00000053-jnn-int
過去スレ ★1 2012/10/12(金) 22:14:58.41
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350056220/
(続)

続きを読む

2012年10月12日

【iPS細胞】「我々が承認したものではない」日本人研究者の「初の臨床応用」に疑義-米ハーバード大

ビックリするほどiPS細胞がわかる本 ES細胞やiPSといった万能細胞の基礎知識から再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)
ビックリするほどiPS細胞がわかる本 ES細胞やiPSといった万能細胞の基礎知識から再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)

1 :そーきそばΦ ★:2012/10/12(金) 02:41:24.10 ID:???0
日本人研究者の森口尚史氏が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の臨床応用を実施したと読売新聞が11日付朝刊で報じた。
これに対して、森口氏が客員講師を務めた米ハーバード大と、患者への治療を実施したとされる米マサチューセッツ総合病院は同日、
「森口氏の一切の臨床試験は、我々が承認したものではない」との声明を発表した。
 森口氏は、米ニューヨークで10日から開かれていた国際会議で、iPS細胞から心筋の細胞を作り、
重症の心不全患者に細胞を移植する治療を実施したとポスターで展示した。この治療は、
ハーバード大の倫理委員会の「暫定承認」を受けたと説明。読売新聞が、この発表内容を報じたことに対して、
国内外の研究者から疑問の声が上がった。

 森口氏は11日、研究内容をまとめたポスター展示の場で、詳細を報告する予定にしていたが、主催する米財団によると、
予定の時間に森口氏は現れなかった。その後、主催者は会場からポスターを撤去。理由について「研究内容の正当性に疑義が呈されたため」と述べた。

 ハーバード大学は11日、森口氏について声明を発表した。それによると、森口氏は「99~00年にかけてマサチューセッツ総合病院の客員研究員だったが、
それ以来、同病院やハーバード大とは関係がない。森口氏の職務に関わる臨床試験は、同大学あるいは総合病院の審査委員会により承認されたものではない」としている。

 森口氏は毎日新聞の取材に「ハーバード大の在籍証明書も自宅にある。
倫理委員会について大学が一つ一つ細かい決定まで把握できていないだけではないか。
きちんとした手続きで進めており、なぜこんなことになるのか、何が何やら訳が分からない」と話した。

毎日新聞 10月12日(金)1時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121012-00000006-mai-soci

続きを読む

2012年10月11日

【ノーベル賞】 韓国「ES細胞の黄禹錫ブーム」をうらやましく思った日本は、山中教授に多額の研究費投入し韓国を逆転した…韓国紙★2

ES細胞の最前線
ES細胞の最前線

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/10/11(木) 14:49:19.32 ID:???0
★ノーベル賞:幹細胞研究で韓国に遅れの日本、科学者育て逆転

・今年のノーベル生理学・医学賞で共同受賞した英国ケンブリッジ大学のジョン・B・ガードン教授
 (79)はカエルのクローンに初めて成功した科学者であり、京都大学の山中伸弥教授(50)は
 皮膚細胞を胚性幹細胞(ES細胞)に似た人工多能性幹細胞(iPS細胞)にする方法を初めて
 開発した研究者だ。
 科学者たちは、2人の間をつないだものは、かつて韓国が世界で最も進んでいると錯覚していた
 「クローンES細胞」だったと言う。

 ガードン教授のカエルを使ったクローン技術は哺乳動物のクローンへとつながり、黄禹錫(ファン
 ・ウソク)博士は2004年に動物クローン技術を用いて世界で初めてヒトの皮膚細胞でクローン
 ES細胞を作ったと発表した。
 韓国政府は黄教授に多額の研究費を与え、世界中の学者からは共同研究の提案が相次いだ。
 しかし、黄教授の論文捏造(ねつぞう)が明らかになると、クローンES細胞研究は科学界のタブーになった。
 クローンES細胞はヒトに成長する可能性がある受精卵を壊さなければ得られないため、倫理的な
 問題も大きかった。

 山中教授の研究はクローンES細胞に代わるものとして登場した。皮膚細胞に特定の遺伝子だけを
 入れてES細胞のような状態にするため、受精卵を壊す心配がない。また、患者自身の皮膚細胞を
 使うため移植しても拒絶反応がない。

 韓国の「黄禹錫ブーム」をうらやましく思っていた日本は、山中教授に50億円を上回る研究費を投入、
 世界の幹細胞研究をリードした。
 その一方で黄教授の研究捏造が発覚し「黄禹錫ショック」に陥った韓国では幹細胞研究への投資が
 米国の30分の1、日本の5分の1に落ち込んだ。(抜粋)
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/10/2012101001010.html

※関連動画:「韓国の誇り」…ダヴィンチ、エジソン、アインシユタイン…そして黄禹錫教授!
 

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349874670/

続きを読む

2012年10月10日

【ノーベル賞】 山中教授 「同時受賞のガードン先生、美しい髪の毛をしていてうらやましい」

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書)
iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書)

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/10/10(水) 08:42:03.56 ID:???0
・スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、
 さまざまな組織の細胞になる能力がある「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を開発した
 山中伸弥京都大教授(50)ら2人に授与すると発表した。同時受賞は英ケンブリッジ大
 ガードン研究所長のジョン・ガードン氏(79)。授賞式は12月10日にストックホルムで
 開かれ、賞金800万クローナ(約9400万円)が2人に等分して贈られる。

 同時受賞したガードン氏は1962年、カエルの卵を使った実験で「クローンカエル」を
 実現させるなど、iPS細胞開発への道を開いた。英BBC放送の取材に「山中氏と
 一緒に賞を受け取れることは大きな喜びだ」と述べた。山中教授は「美しい髪の毛を
 していてうらやましい。ガードン先生の仕事がなければ、私たちの仕事はあり得ない」と
 ユーモアを交えて感謝を表した。
 http://www.sanspo.com/geino/news/20121009/sot12100905010001-n1.html

※画像:

続きを読む

【原発問題】「核燃料、95%がリサイクル出来ることを知っていますか?」 実際はわずか1% 原発環境整備機構

1 :おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/10/10(水) 09:12:32.42 ID:???0
高レベル放射性廃棄物の最終処分場の選定を担う原子力発電環境整備機構(NUMO)が、二〇一〇年に全国規模で
アンケートをした際、あたかも使用済み核燃料のほとんどが再利用でき、核のごみはわずかであるかのような説明をし、
回答を求めていたことが分かった。実際に再利用できるのはわずか1%で99%はごみと化す可能性が大。誤った認識を
広げる結果になっていた。

アンケートは、最初の設問で「使用済み核燃料の95%がリサイクルできます。どうしてもリサイクルできない約5%が
高レベル放射性廃棄物として残ることを知っていますか」と聞いた。

アンケートには五万人を超える人が回答。一部は機構ホームページ(HP)に掲載されている。本紙が回答を分析した
ところ、およそ五十人に一人が「5%」に言及。「5%のごみをエネルギーに変える努力をして」(四十代男性)、
「5%の部分も利用できれば最高」(五十代女性)といった楽観的な内容が多く、機構の「95%再利用」の説明を
信じ込んでしまったようだ。

しかし、この説明は現実と大きく異なる。再処理により再利用できるのは、95%どころかたったの1%。取り出された
プルトニウムに別のウランを混ぜて混合酸化物燃料(MOX燃料)に再生している。「95%」のほとんどを占める
回収ウランは、建前上は資源とされるが、使うあてはなく、ごみと化す可能性が高い。

さらに、核燃料は何度でも再利用できるわけではなく、現実には一回のみ。MOX燃料を燃やした後は、再処理する
こと自体が難しく、これもごみ化する可能性が高い。

なぜ不正確なアンケートの設問をつくったのか、機構に問い合わせたが、「当時の経緯は分からないが、誤った
情報を出すはずがない」(広報担当者)と繰り返すのみ。95%再利用の部分も「間違っていない」と繰り返すだけで、
是正する考えはない。

画像


ソース
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012101090070125.html


核燃料サイクルの闇―イギリス・セラフィールドからの報告
核燃料サイクルの闇―イギリス・セラフィールドからの報告続きを読む

ページトップ